Web
Analytics

ライムニュース

サクッと読める!あなたの「知りたい」がここにある

スシロー持ち帰りの時の受け取り方とは?受取方法を紹介  

 

 

f:id:rikishikouta:20210610233636j:plain

 

 

 

スシローでは、寿司の持ち帰り・テイクアウトが可能です!

持ち帰りの場合、事前に注文しておくと便利です。

 

店舗で注文商品を受け取る際、下記の方法があります。

 

・店舗のレジで商品を受け取る。

・自動土産ロッカーを使って商品を受け取る。

 

上記のうち、自動土産ロッカーでの受け取りがおすすめです!

 

 

自動土産ロッカーとは、スシロー店舗にあるロッカーになります。

QRコードにより、セルフで商品の受け取りが可能です!

 

Webサイトやアプリで注文完了後、QRコードがメールで送られてきます。

それを自動土産ロッカーに読み込ませると、商品が受け取れます!

 

自分の好きなタイミングで、商品を受け取ることができますよ!

利用には、事前のクレジットカード決済が必要です。

 

もちろん、店舗レジでの支払いもOKです!

店舗レジで支払う場合、支払い後にQRコードが発行されます。

 

便利なシステムなので、ぜひ活用してみてください!

 

 

スシローに持ち帰り専門店あり!テイクアウトにおすすめ

 

f:id:rikishikouta:20210610233643j:plain

 

スシローと言えば、回転寿司の店舗運営で有名です。

ですがスシローには、持ち帰り専門店が存在します!

 

持ち帰り専門店は「スシロー To Go」という名称です!

テイクアウト専門店として、既存店舗と差別化しています。

 

現在、スシローの持ち帰り専門店は計7店舗です。

具体的な店舗名は、下記になります!

 

・To Go JR亀有駅

・To Go 元住吉店

・To Go JR我孫子駅

・To Go 砂町銀座店

・To Go JR神戸駅

・To Go JR六甲道駅

・To Go 大和西大寺駅

 

関東圏・関西圏で複数店舗を運営しています。

現段階では、店舗数はまだまだ少ないです。

 

持ち帰り専門店では、スシローのいろんなメニューを楽しめます!

寿司はもちろん、ラーメンなどのサイドメニューも魅力的です。

 

近くに持ち帰り専門店があれば、ぜひ利用してみてください!

 

 

スシローの記念すべき第一号店は大阪府豊中市でオープン

 

f:id:rikishikouta:20210610233647j:plain

 

スシローの第一号店は、1984年(昭和59年)に開店しました。

第一号店の場所は、大阪府豊中市になります!

 

1984年当時は「すし太郎」という名称で出店していました!

第一号店の出店以降の歴史は、おおよそ下記になります。

 

・1988年:株式会社すし太郎を設立

・1996年:1皿100円均一価格の店舗がオープン

・2000年:株式会社あきんどスシローに商号変更

・2002年:世界初となる回転寿司システムを開発

・2009年:スシローへの屋号統一を実施する

 

現在では、日本各地にスシローの店舗があります。

 

ちなみに海外でも、スシローの店舗が運営されています。

韓国・台湾・香港・シンガポールに、スシロー店舗があります!

 

日本を代表する回転寿司チェーンとして、人気を集めています!

これから先も、発展が期待されるスシローです!

 

 

まとめ「スシローのテイクアウト専門店や受け取り方」

 

f:id:rikishikouta:20210610233640j:plain

 

スシローの持ち帰り方法やテイクアウト専門店を紹介しました!

 

まとめると、以下のようになります。

 

・持ち帰り時は自動土産ロッカーがおすすめ!

QRコードをかざすことで商品が受け取れる!

・スシローには持ち帰り専門店あり!

・持ち帰り専門店は関東圏や関西圏で営業中!

・スシローの第一号店は大阪府豊中市

 

スシローでは、ニーズの高まるテイクアウトに注力しています!

テイクアウト専門店の設置が、その一例ですね。

 

これから先、テイクアウト専門店の店舗展開が期待されます!

 

またスシローでは、QRコードでの商品受け取りが可能です。

セルフ受け取りが可能で、スムーズに受け取ることができます!

 

スシローでテイクアウトを行う際、参考にしてください!

プライバシーポリシーとお問い合わせフォーム